top of page
  • nakao

市長と市民、市議会の関係をわかりやすく説明

更新日:2021年10月25日

市長と市議会は互いに独立したフェアな関係。協力し合ってより良い市政運営を目指す

市長さんは〇〇市の長、つまりリーダーです。飯塚市だと、約12万人のリーダーが市長さんということになります。

そもそもリーダーって必要なの?と思われる方もいるかもしれません。たとえば、自分は電気代を払わなくてよいルールを作った。隣の空き地は自分のものにするルールを決めた。このように12万人みんなが自分だけのルールを作っていくと、まちはめちゃくちゃになりますよね。だからみんなに共通するルール作りが必要です。そのルールをバシッと実施するのが市長さんです。市長さんはみんなで選んだ人(選挙で当選した人)になってもらいます。

でも、どうやってルールを決めればよいのでしょう?

みんなが遠賀川に集まって一斉に意見すると、永遠にまとまりません。

市長さんが独断と偏見でルールを決めて実行すれば独裁国家の完成です。

どっちもバランスが悪くてよくないですね。みんなの意見を汲み取れる、ルールを決めることができる人がいればバランスが良くなります。その役割を担うのが市議会議員さんです。

市議会議員さんは市民の意見を聞いて、市政に反映するためのお金(予算)やルール(条例)などを決める役割を担います。=議決機関と呼びます。

市長さんは議会(市議会議員の集まり)の意思にそって行動します。=執行機関と呼びます。

3者がバランスよく動いて、まちは運営できています。逆を言えば、どれかが欠けるとバランスが悪くなってしまうため、時代の変化に合わせて3者の関係をよくしていくことが大事です。

図引用:https://static.wixstatic.com/media/c22500_afb5248d4d6c4615acebf5a25a26c2aa~mv2.jpg


図引用:https://gikai.city.fukuoka.lg.jp/kids





閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page