top of page
  • 執筆者の写真tasuke

もう2月も中旬ですが、2022年飯塚市の10大ニュースをお伝えします!



一昨年末もお伝えしていた、飯塚市発表の10大ニュースです。(2022年版)


まちの現状を伝えようとするとき、気がつくと「議会への指摘」や「市政への批判」のようなネガティブな記事が多くなりがちですが、飯塚市には素晴らしいニュースもたくさんあります。この記事ではそんな飯塚市の誇れるニュースを皆様にお伝えできればと思います。


以下は12月20日に飯塚市から発表された、2022年の10大ニュースです。

>をクリックすると概要を見ることができます!

【1位】令和3年度飯塚市ふるさと納税額 が過去最高額を更新し、全国10 位に

7月に総務省が令和3年度中の全国ふるさと納税受入額実績を発表。 飯塚市の令和3年度のふるさと納税受入額は令和2年度の過去最高額を更新し、65億6千 万円に達し、全国で10位、県内では2年連続1位となった。

【2位】飯塚で九州市長会、各種サミット が開催

【3位】飯塚市内の各学校、選手達が文化 とスポーツで躍動

【4位】未来の飯塚市を創る各種整備計 画・工事が進行中(飯塚駅周辺地 区整備基本計画策定・事業の推進 及び八木山バイパス筑穂トンネル の貫通)

【5位】市民活動、地域交流の拠点整備の 推進

【6位】企業誘致による多様な雇用の創出 と未来を見据えたデジタル人材育 成事業の始動

【7位】飯塚市の未来を担う子どもたちの ために(子育て支援機能の拡充と 子どもたちへの応援券交付事業の 実施)

【8位】コロナ禍からの復活、3年ぶりに 様々な市のイベントが開催

【9位】筑穂保育所新園舎で移転開所、楽 市・平恒統合保育所工事着工

【10位】本市初となる海外企業との連携協 定締結によりグローバル化を加速

令和4年12月20日飯塚市市政情報>まちの話題

参照:飯塚市ホームページ

閲覧数:106回0件のコメント
bottom of page