top of page

学生・若い世代が中心に飯塚市長選挙の公開討論会が開催されることに


2023明るい飯塚を創る会



 片峯市長の死去に伴う市長選挙(11月5日告示、12日投開票)で、いずれも無所属新人で元・市行政経営部長の倉智敦氏(64)、元・市教育長の武井政一氏(62)、元・市議会議員の上野伸五氏(57)の3名が立候補を表明しました。


 そんな中、「飯塚市長選挙を盛り上げて、飯塚の活性化につなげたい」との思いを持った学生・若い世代が市長選挙の公開討論会を開催するため『2023明るい飯塚を創る会』を発足。特に政治や選挙に関心の薄い若者に向けて、今回の選挙をアピールし投票に行ってもらおうと開催に向けて動いています。


 ぜひ、公開討論会に参加し直接候補者の声を聞いてみてはいかがでしょうか!


【公開討論会】

日時:2023年10月29日(日)13時〜15時

場所:穂波交流センター(大ホール)(飯塚市秋松408)

費用:入場無料

主催:2023明るい飯塚を創る会(代表_永末匠)


永末匠(福岡県立大学)さん

「私たちは、今回の選挙を盛り上げて飯塚市の活性化につなげることを目的としています。会のメンバーは、大学生や社会人など20代・30代の若い世代で構成されています。これから選挙に向けて、立候補予定者のことなど様々な情報を発信していきます!10月29日はひとりでも多くの方に公開討論会に来ていただければと思っています。よろしくお願いいたします。」


※公開討論会に先立って、市民アンケートも実施。「飯塚市について気になるテーマ」や「立候補者に聞いてみたいこと」などを市民から広く募集。


【市民アンケート】


《市民から届いた声の一部》

飯塚市長選挙の立候補者に聞いてみたいことは?

「若者世代の意見を聞くために、何か今後取り組んできたい、大切にしていきたいと考えていることはありますか?」

「汚職や忖度のない組織運営、透明性の高い市役所をどう確立するのですか?」

「飯塚市の具体的な目指す将来像と現実の課題」

「一市民からすれば3人とも似ていて、正直誰でもいい、盛り上がってるのは内輪だけでは?」

「医療費や子育て支援について具体的にどうお考えでしょうか?」

閲覧数:145回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page